colemanの15Lで軽量のおすすめバックパック7選!

おすすめバックパック7

防水PC収納
[コールマン] リュックサック JNフラップパック JOURNEY (ゴールドブラウン) ネイビー F
[コールマン] リュックサック JNフラップパック JOURNEY (ゴールドブラウン) ネイビー F

coleman

9,460円
容量19L
重量610g
サイズ42 / 29 / 15 (cm)
[コールマン] リュックサック ウォーカー15 WALKER (ミッドナイト) オリーブリーフ F
[コールマン] リュックサック ウォーカー15 WALKER (ミッドナイト) オリーブリーフ F

coleman

4,130円
容量15L
重量345g
サイズ41 / 28 / 17 (cm)
[コールマン] リュックサック ウォーカー15 WALKER (ミッドナイト) スレイト F
[コールマン] リュックサック ウォーカー15 WALKER (ミッドナイト) スレイト F

coleman

4,219円
容量15L
重量345g
サイズ41 / 28 / 17 (cm)
Coleman(コールマン) リュック ウォーカー15 (WALKER15) ネイビーボーダー
Coleman(コールマン) リュック ウォーカー15 (WALKER15) ネイビーボーダー

coleman

6,980円
容量15L
重量345g
サイズ41 / 28 / 17 (cm)
Coleman(コールマン) WALKER(ウォーカー) WALKER 15(ウォーカー15) リュック デイパック リュックサック バックパック 15L A4 軽量 リフレクター付き WALKER15 (クレイ)
Coleman(コールマン) WALKER(ウォーカー) WALKER 15(ウォーカー15) リュック デイパック リュックサック バックパック 15L A4 軽量 リフレクター付き WALKER15 (クレイ)

coleman

容量15L
重量345g
サイズ41 / 28 / 17 (cm)
[コールマン] リュック ウォーカー15 (WALKER15) ブラック
[コールマン] リュック ウォーカー15 (WALKER15) ブラック

coleman

3,585円
容量15L
重量345g
サイズ41 / 28 / 17 (cm)
[コールマン] トートバッグ C-デイトート(ヘザー) C-SERIES ピンク F
[コールマン] トートバッグ C-デイトート(ヘザー) C-SERIES ピンク F

coleman

4,259円
容量17L
重量470g
サイズ34 / 35 / 14 (cm)

軽量なバックパックの特徴


軽量なバックパックとは、より軽い素材を利用することで、同じ容量のバックパックに比べて軽量に仕上がったバックパックのことを言います。

通勤、通学の経路が徒歩だったり、自転車での移動となる場合、より軽量なバックパックを選ぶことで、体力の消耗を抑え、疲れにくくなるでしょう。

もちろん、登山や釣り、ツーリングなどのアウトドアシーンでも、活躍してくれるでしょう。

軽量なバックパックを選ぶ上で大切なことは、耐久性や機能面をどこまで犠牲にできるのかを検討しておくことです。

どうしても軽い素材を利用していることで、あまり重い物を運ぼうとすると安定しなかったり、軽量化のためにシンプルな構造となり、あまりたくさんのポケットがついていなかったりすることも多いです。

普段運ぼうとしている荷物の重さや、量、種類をよく考えて、軽量性と機能面のバランスがとれたバックパックを選ぶことをおすすめします。

容量が15Lはどれくらいの物が入るのか


15Lのバックパックというのは、20L前後のバックパックと併せて、バックパックの中でもメジャーなサイズの一つであると言えます。

大きさとしては、ペットボトルと、大きめのポーチや財布、折り畳み傘が入る程度と思っておくと良いでしょう。

タブレットや、小さめなノートPCも収納可能なバックパックもあるため、タウンユースやビジネスユースも可能です。

しかし、見た目が小ぶりで、身体の小さい女性にとっては最適なサイズ感と言えますが、ある程度身体の大きい男性が背負う場合、やや窮屈な印象を抱く可能性もあります。

サイズ感が気になる方は20L~30Lのバックパックと併せて検討されることもおすすめいたします。

Colemanとはどんなブランドなのか


コールマン(Coleman)は、1900年頃、ウィリアム・コフィン・コールマン氏によってアメリカ合衆国オクラホマ州で創業されました。

アウトドアブランドとして有名なコールマンですが、そのバックパックのラインナップはアウトドアでの利用を想定したタフな物から、タウンユースでも使えるカジュアルな物まで幅広いです。

アウトドアブランドというだけあって、タウンユースを想定したモデルでも収納性、機能性に優れたバックパックが多く、どんな人にも使いやすいものとなっています。

街での普段使いでも、アウトドアでの遊び心を忘れない、そんな人におすすめのバックパックです。