MIZUNO BSSの30Lで軽量のおすすめバックパック11選!

おすすめバックパック11

[ミズノ] ドビーバックパック30 約30L (現行モデル) 33JD9040 ネイビー杢 One Size
[ミズノ] ドビーバックパック30 約30L (現行モデル) 33JD9040 ネイビー杢 One Size

MIZUNO BSS

3,545円
容量30L
重量830g
[ミズノ] クイックアクセスバックパック 30L 約 ブラック One Size
[ミズノ] クイックアクセスバックパック 30L 約 ブラック One Size

MIZUNO BSS

8,180円
容量30L
重量850g
[ミズノ] スクエアタイプ NXT バックパック 30L 約 ブラック×ホワイト One Size
[ミズノ] スクエアタイプ NXT バックパック 30L 約 ブラック×ホワイト One Size

MIZUNO BSS

容量30L
重量810g
[ミズノ] バックパック 約30L レッド One Size
[ミズノ] バックパック 約30L レッド One Size

MIZUNO BSS

6,380円
容量30L
重量530g
[ミズノ] バックパック 約30L (現行モデル) C3JDB902 ブラックカモ One Size
[ミズノ] バックパック 約30L (現行モデル) C3JDB902 ブラックカモ One Size

MIZUNO BSS

7,484円
容量30L
重量900g
[ミズノ] ターポリンバックパック 約30L (現行モデル) 33JD6530 ブラック One Size
[ミズノ] ターポリンバックパック 約30L (現行モデル) 33JD6530 ブラック One Size

MIZUNO BSS

7,233円
容量30L
重量890g
[ミズノ] 7ポケット ターポリンバックパック 約32L (現行モデル) 33JD9530 ブラック One Size
[ミズノ] 7ポケット ターポリンバックパック 約32L (現行モデル) 33JD9530 ブラック One Size

MIZUNO BSS

11,550円
容量32L
重量950g
PC収納
[ミズノ] ターポリンバックパック 約30L ブラック×ブラック One Size
[ミズノ] ターポリンバックパック 約30L ブラック×ブラック One Size

MIZUNO BSS

3,545円
容量30L
重量890g
[ミズノ] スクエアタイプ NXT バックパック 30L 約 ネイビー×ホワイト One Size
[ミズノ] スクエアタイプ NXT バックパック 30L 約 ネイビー×ホワイト One Size

MIZUNO BSS

容量30L
重量810g
[ミズノ] バックパック NXTシリーズ 約30L ネイビー×マゼンタ One Size
[ミズノ] バックパック NXTシリーズ 約30L ネイビー×マゼンタ One Size

MIZUNO BSS

7,500円
容量30L
重量780g
PC収納
[ミズノ] ターポリンバックパック 約30L (現行モデル) 33JD8030 ブラック One Size
[ミズノ] ターポリンバックパック 約30L (現行モデル) 33JD8030 ブラック One Size

MIZUNO BSS

8,793円
容量30L
重量960g

軽量なバックパックの特徴


軽量なバックパックとは、より軽い素材を利用することで、同じ容量のバックパックに比べて軽量に仕上がったバックパックのことを言います。

通勤、通学の経路が徒歩だったり、自転車での移動となる場合、より軽量なバックパックを選ぶことで、体力の消耗を抑え、疲れにくくなるでしょう。

もちろん、登山や釣り、ツーリングなどのアウトドアシーンでも、活躍してくれるでしょう。

軽量なバックパックを選ぶ上で大切なことは、耐久性や機能面をどこまで犠牲にできるのかを検討しておくことです。

どうしても軽い素材を利用していることで、あまり重い物を運ぼうとすると安定しなかったり、軽量化のためにシンプルな構造となり、あまりたくさんのポケットがついていなかったりすることも多いです。

普段運ぼうとしている荷物の重さや、量、種類をよく考えて、軽量性と機能面のバランスがとれたバックパックを選ぶことをおすすめします。

容量が30Lはどれくらいの物が入るのか


30Lのバックパックというのは、20Lのバックパックと併せての中でもバックパックの中でもメジャーなサイズの一つであると言えます。

大きさとしては、書類や本、ノートPC、ペットボトルに、衣料などを収納することが可能です。

利用用途としては、日常的なタウンユースから、日帰り登山やハイキング、1泊程度の旅行など幅広い使い方が可能です。

通勤・通学などの普段使いの場合、書籍や書類も十分入り、余裕のある大きさとなっています。会社帰りのジム通いなどをしていたり、日常から荷物が多い人にもおすすめです。

アウトドアシーンから、ビジネスシーンまで、様々な用途で利用できるバックパックのサイズであると言えるでしょう。