F/CE.の軽量のおすすめバックパック15選!

おすすめバックパック15

[エフシーイー] バックパック ROBIC MT TRAVEL Charcoal One Size
[エフシーイー] バックパック ROBIC MT TRAVEL Charcoal One Size

F/CE.

20,900円
重量900g
[エフシーイー] バックパック NO SEAM ZIP LOCK BAG Black
[エフシーイー] バックパック NO SEAM ZIP LOCK BAG Black

F/CE.

23,100円
重量940g
[エフシーイー] バックパック RN ROLLTOP Black One Size
[エフシーイー] バックパック RN ROLLTOP Black One Size

F/CE.

8,813円
重量530g
[エフシーイー] バックパック AU TYPE A TOWN Black
[エフシーイー] バックパック AU TYPE A TOWN Black

F/CE.

19,800円
重量700g
PC収納
[エフシーイー] バックパック AU TYPE A TOWN BAG Gray
[エフシーイー] バックパック AU TYPE A TOWN BAG Gray

F/CE.

12,495円
重量720g
PC収納
[エフシーイー] バックパック AU TYPE A TOWN Indigo One Size
[エフシーイー] バックパック AU TYPE A TOWN Indigo One Size

F/CE.

10,763円
重量740g
PC収納
[エフシーイー] リュック 950 TRAVEL BP Navy One Size
[エフシーイー] リュック 950 TRAVEL BP Navy One Size

F/CE.

15,868円
重量990g
[エフシーイー] バックパック ROBIC MT DAY BAG Navy
[エフシーイー] バックパック ROBIC MT DAY BAG Navy

F/CE.

19,800円
重量690g
[エフシーイー] バックパック NO SEAM ROLLTOP Black
[エフシーイー] バックパック NO SEAM ROLLTOP Black

F/CE.

23,684円
重量1000g
PC収納
[エフシーイー] バックパック 950、定番 ネイビー
[エフシーイー] バックパック 950、定番 ネイビー

F/CE.

重量700g
[エフシーイー] バックパック NO3 Daypack Black One Size
[エフシーイー] バックパック NO3 Daypack Black One Size

F/CE.

12,100円
重量370g
[エフシーイー] バックパック NO SEAM DAY PACK Black
[エフシーイー] バックパック NO SEAM DAY PACK Black

F/CE.

26,400円
重量860g
[エフシーイー] バックパック RN DAY Red One Size
[エフシーイー] バックパック RN DAY Red One Size

F/CE.

19,800円
重量680g
PC収納
[エフシーイー]F/CE. エックスパックライン X-PAC LINE XPACK DAY リュックサック XP0001 コヨーテ
[エフシーイー]F/CE. エックスパックライン X-PAC LINE XPACK DAY リュックサック XP0001 コヨーテ

F/CE.

27,500円
容量27L
重量550g
[エフシーイー] バックパック NO SEAM ZIP LOCK BAG CAMEL One Size
[エフシーイー] バックパック NO SEAM ZIP LOCK BAG CAMEL One Size

F/CE.

23,100円
重量950g

軽量なバックパックの特徴


軽量なバックパックとは、より軽い素材を利用することで、同じ容量のバックパックに比べて軽量に仕上がったバックパックのことを言います。

通勤、通学の経路が徒歩だったり、自転車での移動となる場合、より軽量なバックパックを選ぶことで、体力の消耗を抑え、疲れにくくなるでしょう。

もちろん、登山や釣り、ツーリングなどのアウトドアシーンでも、活躍してくれるでしょう。

軽量なバックパックを選ぶ上で大切なことは、耐久性や機能面をどこまで犠牲にできるのかを検討しておくことです。

どうしても軽い素材を利用していることで、あまり重い物を運ぼうとすると安定しなかったり、軽量化のためにシンプルな構造となり、あまりたくさんのポケットがついていなかったりすることも多いです。

普段運ぼうとしている荷物の重さや、量、種類をよく考えて、軽量性と機能面のバランスがとれたバックパックを選ぶことをおすすめします。